このページの本文へ移動

導入事例 レンタル

オリックス自動車株式会社

免許証の情報をシステムに自動連携
レンタカー店舗業務の生産性向上を実現

労働人口の減少が進む中、企業には働き方改革や生産性向上に向けた取り組みが強く求められる。 カーリース・レンタカー・カーシェアリング事業などを展開するオリックス自動車では、レンタカー店舗業務の効率化を目指してPFUの「DynaEye 運転免許証OCR」を新たに導入。 スキャナーで読み取った免許証情報をシステムに自動連携することで、大幅な時間短縮と業務効率化に成功している。