このページの本文へ移動

Error Recovery Guide Version 2.8.1.2

本ページでは、fi-5530C2のError Recovery Guideをダウンロードいただけます。

対象イメージスキャナー装置

  • fi-5530C2

対応OS

  • Windows® 2000 Professional 日本語版(32bit)
  • Windows® XP Home Edition 日本語版(32bit)
  • Windows® XP Professional 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Server® 2003, Standard Edition 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Server® 2003 R2, Standard Edition 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Vista® Home Basic 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Vista® Home Premium 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Vista® Business 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Vista® Enterprise 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Vista® Ultimate 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Server® 2008 Standard 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Server® 2008 R2 Standard 日本語版(64bit)
  • Windows® 7 Home Premium 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 7 Professional 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 7 Enterprise 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 7 Ultimate 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 8 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 8 Pro 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 8 Enterprise 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Server® 2012 Standard 日本語版(64bit)
  • Windows® 8.1 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 8.1 Pro 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 8.1 Enterprise 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Server® 2012 R2 Standard 日本語版(64bit)
  • Windows® 10 Home 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 10 Pro 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 10 Enterprise 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows® 10 Education 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows Server® 2016 Standard 日本語版(64bit)

ご使用条件

本ソフトウェアは当社イメージスキャナー装置をお買い上げのお客様を対象に機能アップ、障害対応を目的として、最新の版数をご提供するものです。

ソフトウェアのダウンロード および インストール方法

下記の[ダウンロード]をクリックしてファイルをハードディスクにダウンロードしてください。

バージョン 2.8.1.2

[ダウンロード] FER2812X9.exe (サイズ: 8.4MB)

ダウンロードファイルは自己解凍形式になっています。

ダウンロードしたファイル"FER2812X9.exe"を実行すると、フォルダーにプログラムが解凍されて展開されます。

既存ソフトウェアが存在する場合、先にアンインストールを行なってください。

展開されて作成された"¥Disk1"フォルダーにある"Setup.exe"を実行することで、ソフトウェアのインストールを開始します。

バージョン 2.8.1.2の変更内容

  1. ヘルプファイルのリンク情報を修正しました。
  2. 使用許諾条件を改版しました。

バージョン 2.8.1.1の変更内容

Scanner Central Admin Ver4.3に対応しました。

お問い合わせについては、スキャナー装置購入窓口にて承ります。
尚、本ソフトウェアは対象イメージスキャナー装置以外ではご使用できません。
また、ご使用の環境にて問題がない場合には、アップデートしていただく必要はありません。

Last modified October 11, 2021